2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

LOVE KUDO KANKURO

2014年5月 9日 (金)

万獣こわい

久々ですがしれっと。
ねずみの三銃士第3回企画公演「万獣こわい」

「あまちゃん」のブレイクのせいでチケット激戦。
なんとか追加公演の席をとることができていってきました。
「WARRIOR」以来かなぁ、ピロティ。
NACSさんたち、「ぴろてぃ」連呼してたなぁ。

ともあれ、私を「演劇みる」人にしたのはこのねずみの三銃士の皆様なのです。
「鈍獣」の放送を見て舞台見たいと思うようになりました。

ねずみの三銃士は生瀬勝久さん、池田成志さん、古田新太さんのユニットで、
役者が役者のやりたい舞台をやるのをコンセプトに、脚本家・演出家を選んで
脚演も選んですすめる形のめずらしいユニットです。

第1回は当時は舞台経験の浅い野波麻帆さん、西田尚美さん、乙葉さんの3人を迎えた「鈍獣」
第2回は三田佳子さんと岡田義徳くん、上地春奈さんを迎えた「印獣」
第3回は小池栄子さん、夏帆さん、小松和重さんを迎えた「万獣こわい」です。
全て脚本は宮藤官九郎さん、演出は河原雅彦さんです。

役者さんをみるだけで「行きたい」と思わせるけど、
明るく楽しい話ではなく、
この話をみて笑っている自分がとても気持ち悪い、
後味の悪い話が特徴でもあるユニットです。
笑って見ているアナタも共犯ですよ、と言われているような。

今回も、遠慮なく、というか史上最高に後味が悪かった。
拍手することすら忘れ、呆然としたのは初めてなので、
三銃士の本願成就なんだろうなと思います。
褒めてます。だってそれだけ惹きこまれたってことだもの。

もちろん随所に笑いあり。
OPなんてとてもおもしろかったし、
なんで彼らの作品は毎回歌い踊るのでしょう。
そしてなぜ生瀬さんは毎回舞台で3人いると少しサボるのか。
今回も池田さんに怒られてた(笑)
その池田さんも「あーここいつもアドリブなんだろうな、生瀬さん古田さんが
生暖かい目でみてるもん」というシーンがあり、
そして古田さんは脱ぐし、一人踊りがキレッキレ。

客演の3方も、とても素晴らしく
小松さんは脇をしっかり固めてくださり、軟体芸も披露してくださり、
後半の役もとても素晴らしかった。
小池さんはドラマでもすごいけど舞台でも迫力があって、
一番の被害者だと思うけど混乱していく様子がとてもリアル。
夏帆ちゃんも難しい役どころをしっかりと演じていて、とても色気があってリアルでした。

充たされたGWでした。すばらしい。

次は大人の新感線いこう。チケットの神様どうぞよろしくお願いいたします。

2013年9月 4日 (水)

忘れること・忘れないこと

はい、「あまちゃん」です。

実はね、後半からしか追いついてなくて、前半(海もぐってたとこらへん)は
見逃してるんです。

でも、DVDには置いてるけどねぇ。


いろんな物議をかもした「震災編」そして「復興編」
この1ヶ月でこの作品がどう終わるのか、
とても気になるところですが。


私は誤解を恐れずに言いますが「忘れること」は
悪いことではないと思っています。
「忘れないこと」も大切だと思っています。

だって、辛すぎるじゃないですか。
いつまでも当日の痛みがそのままで消えなかったら。

今、「当日の痛み」ではないからこそ、今「あまちゃん」をみて
揺り戻されたり、『痛みが癒えている自分』が許せなかったりするんだろうなって
思うんです。

でも、そうして様々な感想を持つことは「忘れていない」証でもあると思うし。


うー、難しいな。

あと、宮藤さんの日記帳に書かれていたことを読んで思ったんですが、
ミッチーと斉藤由貴さんの「昼ドラ」を書かれた時と同じく、
宮藤さんは「朝ドラ」を執筆したんですよね。
朝、注目度の高い、爽やかに1日をスタートさせるドラマ。

そういうバランスが、この作品には詰まっているように思います。


舞台作品で震災を扱ったら、本当に現実を突きつける書き方をする方だと思うし。


行間に詰め込むのが上手な宮藤さん。
あまちゃんは、どんなメッセージが詰め込まれて終わるんだろう。

2011年10月27日 (木)

ドラマをいろいろと

10月ドラマをいくつかみたので
さらっと触れておきます。

日曜6:45 BS時代劇「塚原卜伝」
堺雅人さん主演。
優しいお顔。
若武者なのでおぼこい感じがしっかりでていてそれはいいのだけどなんだかゆったり話が進む…
京野ことみさん。友達に似ているのですが、
霧に棲む悪魔の時もおもったけど色っぽくなられた
happy01happy01heart04

あと細川高国さんの安田顕さん。
ものすご意地悪くて、目をひん剥くお顔も見られて
雅人を睨みつけていて良いですheart02

日曜9時「南極大陸」
睨む雅人。
日曜の夜はヤスケンが雅人を睨み
雅人がキムタクを睨むという
睨みのループを堪能しています。

久々に「微笑みの貴公子」ではない堺雅人が見られます。

ここで絶対出てくるって所しかでてきません。
みんなで食堂とかにはいません
かと思えば画面の隅でキムタクを睨む。
黒づくめにポマードぴっちり七三。
そして暗躍。

2回目にして綾瀬はるかさんがさくらさんの出産に立ち会うという

いろんなドラマの既視感&現実とのリンクは否めません…


月曜9時 「私が恋愛できない理由」
同居もの。
吉高ちゃんに期待してみています。

火曜9時「謎解きはディナーの後で」
知性は櫻井くんピッタリだとおもうのだけど
装丁のイラストからはもっと線が細くお嬢様を見下ろしてるイメージだったんだよねー。
向井くんでもマッチョすぎるーーー
だれならイメージ通りかは最早わかりませんが
メガネ翔くんはステキなのでよいです。

コミックスっぽさがちょいしんどい。

初回のゲストが木南はるかさんと伴杏里さん(約30の嘘)と
シゲ。

フツーの二股かけているハンサムの役です。
残念じゃなかったのが残念。

二回目のゲストにムロツヨシさんがいたり。
毎回のゲストとストーリーは純粋に楽しみ。
原作も読んでみたい。

木曜10時「蜜の味」
ARATAさん、「陽はまた昇る」から2クール目。
映画でみる俳優さんだったもので
最近の活躍にびっくり。
菅野美穂さんの悪女っぷりが吹っ切れていていいな。
榮倉奈々ちゃんのヅラが気になる。
あと最終的に無理心中とかで終わりそう。

金曜10時「専業主婦探偵」
これは初回ゲストのヤスケンが変態的なキモさを発揮しております。
素晴らしかったww絶品!


シゲもそうだけど
ドラマの初回ゲストって多分重要だとおもうの。
そこに呼ばれるNACSって、
=視聴率とれるって思われているんだよな~すごい!

金曜ナイトドラマ「11人もいる!」
クドカンさんの脚本はやっぱり楽しい!

セリフの端々にクドカンizmを感じます。

神木龍之介くんの顔で落とす所とか
田辺誠一さんのムカつきすれすれのとーちゃんとか
しっかりメガネの光浦靖子さんとか、
光浦靖子さんの息子役で
幽霊の広末涼子さんが唯一見えて
いろんなことをいわされる
加藤清史郎くんとか
配役が細かくバッチリ!
あ、でもこの役名は実年齢なら福くんなのですが.
加藤清史郎くんが3歳下の役を演ってますが
子どものもつ可愛さとしたたかさといやらしさ、
芽生えるスケベさを発揮してていい!

大人計画からは
皆川猿時さん&小松和重さんもでてる

何より源ちゃん!
今までのドラマや舞台でだしてきたキモさを残しつつ暗さと薄幸さを加え、
役名は真田ヒロユキだし
挙句劇中歌まで歌ってくれるなんて。
お腹いっぱい
happy01

取り合えずこんな感じです。

2011年10月16日 (日)

星野源 エピソード1.5

TOWERRecord 梅田NU茶屋町店

予定もしていなかったし、スタート14:00なのに、
私が大阪駅についたのが13:45だったので
流石に諦めていましたが
なんと、間に合いましてインストアライブ拝聴致しました!

けどかなりの人で見えず!全く!!
モニターで紺のカーディガンにジーンズであることは確認。

あと、夜に出演していたラジオで話していたけど
柿色のジャストフィットスニーカーに
中に履いているのは赤パンツ(千原ジュニアよりピカピカに赤い)だそうです(^-^)

私と同時についた人も結構おり
途中からも続々人がふえていました。
立ち止まるひともいたし。

源くんもびっくりしていました。


=============

note歌をうたうときは

noteばらばら

note布団

note老夫婦

登山ババアに電車で
気を使ってあげたら割り込みだと虐げられたので、
今後の老人の歌は「ババア◯◯」って歌になるかもねというMC

note変わらないまま

お葬式や四十九日のはなしをしているっぽかった。
喪服はエロい(大きめの声なのではっきりわかった)という源くん。

noteストーブ

noteエピソード

2月のライブの一般発売と
来週からのドラマのおしらせ。

「11人もいる!!」は
関西では何時にやるのかときく源くんに
「探偵ナイトスクープの後」という観客の答えをきいて
『それ超イイ流れじゃん!チャッチャッチャラッ!!(OPのマネ)」
探偵ナイトスクープのOPの話
源くんの好きな「ブーメランパンツを凍らせたら飛ぶのか」という依頼の話
関東では「11人もいる!」のあと探偵ナイトスクープで、こちらもいい流れというお話。
(関西のひとはたぶんそっちのほうがうらやましいよー)


noteくだらないの中に


でした!


曲順間違ってたらごめんなさい!!
なんかぬけてるかも。
今回自信なし!(mixiでセトリ上げてるひとと一致してるから大丈夫かとおもいます)

FM802の出演では

・今日のファッションチェック
・帰りたくないけど、今日の最終で帰らないとドラマの撮影が・・・(クドカンさん好きなんで帰します。と言われる)
・向田邦子さんが好き。なので、直接的な表現を使いたくない
・作詞はフィクション。現実で体験した感情が同時に三つくらいあって、それをフィクションに書き直すそうです。
・くだらないの中に スタジオライブ
・(くだらないの中ににある「髪の毛の匂いをー」のとことか現実だってみんな思ってるよ、に対し)
いや、嗅ぎますけど、そういう変態的なことも書きたいじゃないですか。変態の歌を作りたい宣言。
・「そんな変態な星野源さんですけども~」と美しい声で言われる
・バイト先で店長はたいてい嫌われる・・・みたいな歌を作りたい。
・お葬式はいい。きたないものも綺麗なものも見える。
・細野晴臣さんの話(いきつけはジョナサン。)
・音楽は身の回りにあった。
・演技は才能ないともいわれた。才能ないから辞めるのではなく、才能ないから頑張るんじゃないの?
・大阪でラジオしたいとずっといっている
・radipediaのエロエロ具合は大阪でも評判
聞くためにTOKYOに行く人が802にいる!
・エロエロの件で源くんは偉い人に怒られた。
・宅録でコーナーやる?!
・LIVEの日もよかったらどうぞ=ライブ短くなるけど。
・布団 onair

箇条書きでこんな感じです。


それにしても、Twitterでりんさんにお伝えしましたが
今日は快晴!!@大阪。
演奏中の源くんも暑いって言ってました。

そう言えば前回のFM802イベントも梅雨だったのに、
源くんの演奏中は晴れだったcatface

関西では一応晴れ男なのかなぁ(^-^)/

北の大先生のイベントのあちらは
晴れに雷らしいよ(>_<)

2010年10月13日 (水)

【ドラマ】うぬぼれ刑事

http://www.tbs.co.jp/unubore5/

「うぬぼれ刑事」

いやー、毎週ちゃんと見てましたよ。

大好物だもの。

初回から最終回のオチが判っていようとも、

(最終回が、迷宮入りした3,4億円事件で、犯人が中島さん演じる日暮里恵だということと

最終回にうぬぼれの本名がわかること)

うぬぼれが、話が進むに従い、「ゴリラ化」しようとも、

とにかく楽しい金曜の夜だったんです。

初回に、波止場で白いスーツで踊ってるなとおもったら

後半は自分でそのテーマを歌いながら踊っちゃったり、

そしてバックダンサー的にうるぼれ5の誰かが踊りだしたり、

最終回はうぬぼれ刑事&仲間で踊っちゃったりして、

そのへんの「やりすぎ」感もすばらしかった。

反面、

犯罪者の悲哀や、空恐ろしい感じもしっかり描かれていて、

特に一番身勝手な犯罪だった、

「姉妹坂」の石田ゆり子さんはぞぞっとしちゃった。



大人計画の荒川良々さんはじめ、小松和重さんに、ムロツヨシさんと、

脇を固める役者さんも粒ぞろい。

クドカンドラマに欠かせない「再現ドラマの女」の遠山景織子さんも出てるし!

コアなクドカンドラマファンには、たまらないコネタのちりばめ方でした。

一番印象的だったのは、「癒し系」の蒼井優さんの台詞
「送ってくーださいheart01
いや、これはだめでしょーーー。使ってやる!と思いました

2010年2月 7日 (日)

【考察】鈍獣と印獣とそのあいだ

なんか、どっかの作家のコラボタイトルみたいになりましたが

一切!関係ありません。

公演パンフに書いてあるですよ。

前エントリの「印獣」が

宮藤官九郎さんの中で「作家こらしめ三部作・完結篇」だと。

というわけでそのことを考察なんぞしちゃおうかと思います。

タイトルにあるとおり、鈍獣が、その最初であることは明白で

印獣と対を成してるのはわかるのですが

3部作。

つまりもう一つあって、それが「ウーマンリブ先生」だそうです。

そっか、そう来るか、と思いました。

というわけで、畳みます。

続きを読む "【考察】鈍獣と印獣とそのあいだ" »

2010年2月 6日 (土)

【鑑賞】印獣

そうだよー。

みてきたよ、4列目@シアタードラマシティ。

4列目、やぱりすごい。みやすい!

印獣 ああいえば女優 こういえば大女優

作:宮藤官九郎

演出:河原雅彦

出演:三田佳子・ねずみの三銃士(生瀬勝久・池田成志・古田新太)・岡田義徳・上地春奈

見終わって、

「鈍獣より後味悪い」とおもったのです。

そして古田さんに密着した「情熱大陸」を先に見てしまったことを後悔もして。

やはり随所に笑いもあり、でもぞぞぞっと来る恐怖感もある

そんな作品なのですが

「鈍獣」を生で見てない私としては

ねずみの三銃士3人でもっと遊んでほしかったなぁと思ってしまいました。

今回は

三田佳子という大物をこちら側に引き込むことや

岡田義徳という後継者を成長させること、

起爆剤・上地春奈を本格的にデビューさせることに

重点が置かれていた気がするのですよ。

でも楽しかったんだけどね。

続きを読む "【鑑賞】印獣" »

2009年6月22日 (月)

【バレ】R2C2

「大パルコ人R2C2~サイボーグなのでバイト辞めます」

かのTAKE OFFの地、シアターブラバで見てまいりました♪

初生・大人計画系でしたが

もうとにかく楽しくて圧巻!でした。

賢太郎作のそぎ落とされたセットや衣装と比べて

やっぱり派手だなぁとは思ったのですが

それが映える人たちです。

やっぱり、宮藤さんは音楽好きなんだなぁと思いました。

とくにその想いが強かった時期なんだろうな、と。

映画「少年メリケンサック」は

音楽に対する熱情がモロに出ているイメージではありました。

そして映画という一つの商品をどうするかと言う課題も含まれた作品だったと思います。

対して、この「R2C2」は

純度の高い音楽(グループ魂)への思いと

親としての宮藤さんの思いが絡まった作品だなぁと思いました。

基本的にはミュージカル。

見所は

森山未来くんのキレある動きと唄。

そして松田龍平さんのすばらしくコミカルな動きと無表情・・・。

紙ちゃん。

サダヲさんのブーメランパンツ。

かな?

DVDやTV放映があれば是非ご覧下さい♪

以下あらすじを含みます。

続きを読む "【バレ】R2C2" »

2009年4月14日 (火)

印獣

http://www.parco-play.com/web/play/inju/index2.html

みたい。みます!きっとみます!

「印獣」@パルコプロデュース

byねずみの三銃士(生瀬勝久・池田成志・古田新太)

脚本:宮藤官久郎

演出:河原雅彦

出演:三田佳子・岡田義徳・上地春奈

オジーとウッチーだね。

いやいやいや。

楽しみ♪

2008年12月20日 (土)

流星最終話 空に描いた

全国の設楽統(バナナマン)ファンの皆様。こんばんは。

設楽さん、大活躍の流星10話、ご覧になられましたか?


残念なのは
過去最強にセリフがある回なのに、
正直おーちゃんに着目している場合ではない
展開だということです。


でも戸神家のシーンの
セリフまわしは圧巻でした。
流石、アジアいちのコント師と呼ばれるだけあります。

さてここからネタバレアワー。
犯人も書きますよ。

まだみてない人たちは回れ右でお願いします。

続きを読む "流星最終話 空に描いた" »

より以前の記事一覧