2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

LOVE BOOK

2012年4月10日 (火)

羽海野チカ原画展 ハチミツとライオン

羽海野チカさんの原画展「ハチミツとライオン」に行って来ました。


もってるマンガは羽海野チカのさんと、あと数名くらいで、
まんが、あまり持ってないの。


でも、「ハチミツとクローバー」は失恋したてのころに読んでボロボロ泣いて
大学の頃を思い出したりしたし、

「3月のライオン」は、どうしても心にひっかかったので

あるとき、「ハチミツとクローバー」「3月のライオン」ともに大人買いしました。



それくらい、私にとっては衝撃のマンガ。



以下、一応続きにしときますね。初めて行って、ネタバレしてほしくない人はスルー推奨です。

続きを読む "羽海野チカ原画展 ハチミツとライオン" »

2011年10月16日 (日)

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地

タイトルが長いよね。

めっきり子残念から国民に鞍替えした私が
久々にやる気を出してReviewを書きますよ。

我らが国王こと
TEAM NACS 安田顕さんの
パピルスに連載されているエッセイを纏めたもので
今度の5Dの元になる本がこちら。

北海道室蘭市本町一丁目四十六番地

お父様とのお話が主なのですが、
お父様
甘えん坊だった顕少年
甘えの対象だったお母様
お兄さんの存在


そんな、大学に入るまでの安田家と


大学に入って出会われ
ご結婚された
懐の深さを感じる奥様と
きっと溺愛していらっしゃる娘さん

札幌で待っている顕さんの安田家


この二つがどちらも暖かくみえます


特にお父様の人柄と
娘さんの澄んだ感性に
はっとさせられます


読んでほっこりします

一章ずつ読んでも楽しいです。


番外編の中に書かれていた顕さんの筆力ですが
お父様の意見に賛成(^-^)/


あ、でも連載初期にnacsさんが表紙だったパピルスをみた時に
顕さんの文章をもっと読みたいとは思いましたがねribbon

実はTwitterではおしらせいたしましたが
映画Blogを別に作りました

今後こちらでは
その更新のおしらせと

ラーメンズやNACSさん
舞台、テレビ、書籍Reviewを
書いていきたいと思っています。

2009年9月12日 (土)

【お勧め】私の中のあなた【バレあり】

またも放置で失礼いたします。

http://movie.walkerplus.com/phtml/movie/special/watashino/review/?ctl=review_list&id=e018f6a1df00479cabdb20cd726d3fc9

「私の中のあなた」

この映画の感動は、消えないうちにUpしたくて、

ネカフェ滞在を延長しました。

映画を見る前に原作を手に取る人もいるでしょうが

これは・・・映画見てからのほうがいいと思います。

簡単に言ってしまうと、

これは

「アナという娘が、姉ケイトへの臓器移植を両親に強いられることを

理由にして

母親を訴える」という話です。

とっても重そうな題材(実際重い)を

きれいな映像と色彩でみせてくれる作品です。

ここから先は感想です。

ネタばれを含みますのでお気をつけくださいませ。

ほかの事も、少しずつUPしていきます。

続きを読む "【お勧め】私の中のあなた【バレあり】" »

2008年11月23日 (日)

升野先輩のブログが

本になるんだって♪

Book 架空升野日記

著者:バカリズム
販売元:辰巳出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

だって。

まじーかー。

まじだー。

プロフィールにこっそり書籍化とUPされていたよ。

皆様各自ご確認ください。横に升野くんブログのリンクあります

記事のリンクは密林さん。

最近UPがないなーと思っていたら、

この間こっそり記事がUPされていて。

そして書籍化。

えーっと。

架空のOLさんだよ。

架空の同僚や、上司と過ごしている、

架空の日常だよ。

架空に、つづられているんだよ。

でも、好き。

2008年9月25日 (木)

【予習】流星の絆

えっと、

夏休みの課題図書、1冊は読み終えてはいるのですが、

まだ感想がまとまりません。

トライアンフの帰り道に、10月からのドラマ原作本を

買ってしまい、

一気に読みました。

流星の絆 Book 流星の絆

著者:東野 圭吾
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これがクドカンこと、宮藤官九郎さん&磯Pに料理されます。

http://www.tbs.co.jp/ryuseinokizuna/

料理される前に、本で読んでおきたいと思いました。

クドカン、好きなんだけど、東野圭吾でとりあえず頭に入れておきたい。

やっぱり作者の力量はすごいな、と思います。

つづき、配役ネタバレを含みます。

続きを読む "【予習】流星の絆" »

2008年9月 6日 (土)

おひげのおじさんへ

発熱! 猿人ショー

始めてあなたを見たのは、深夜のコント番組(↑)でした。

シュールといわれそうなコントに一人、笑って、

毎週見ていました。

貴方が劇作家だと知ったのは、

ラーメンズの片桐さんが出た舞台を見てからです。

始めて実際あなたをお見かけしたのは、あるcafeでした。

おひげがテレビとは違っていたので、

声をかけられませんでした。

次にあなたを見たのは電気屋さん。

お買い物をされていたので、また声をかけられませんでした。

後藤ひろひと大王集 ver.1 Book 後藤ひろひと大王集 ver.1

著者:後藤 ひろひと
販売元:白夜書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

やっぱり読みたくなって、梅田の大きな本屋さんで買いました。

ちゃんと、演劇のコーナーにありました。

電車で読んでいて、

山内圭哉さんの絵に笑ってしまい、恥ずかしい思いをしました。

イラストに仁さんをみつけて、嬉しくもなりました。

後藤ひろひと様

貴方の作品にまだ生では触れていませんが、

いつか、舞台にいる貴方に、心から拍手を送りたいと思います。

2008年6月25日 (水)

こぼれる

酒井若菜さん

木更津キャッツアイのモー子といえばわかる人も多いでしょうか。

彼女の小説を読みました。

blogで、「書いてます」とあって、

初めは「芸能人の本」となんとなく・・・手がすくみました。

辛い恋をした事のある人なら、

響くんではないでしょうか。

何度も、泣きそうになりながら読みました。

オススメです。

続きを読む "こぼれる" »

2008年6月 9日 (月)

千原兄弟は兄弟なんだ

書く言葉は千原兄弟のことです。
あとはご想像におまかせします。


最近のQJに千原兄弟のロングインタビューが載ってた。


千原兄弟といえば、
「昔ジャックナイフ、今バターナイフ」「Mr平均値」のジュニアと
「残念な兄」せいじのコンビ。

ジュニアがジャックナイフの頃から知ってます。
大阪で、吉本をみてる人は結構同じ感覚だと思うけど、
大阪から東京にすんなりでる人は少ない(名古屋が挟まる?)から、
大阪でみてる人からしたら
「一瞬消える」んだよね。

千原は、それがすごく長かった。
と思ったらジュニアが事故ってた。


だから、まるくなったバターナイフなジュニアでも、テレビに出てるのみると嬉しいんです。


で、残念なお兄ちゃんは、テレビでもあまりみない。
ジュニアが話す内容にはよくでるけど。

QJのインタビューで、今の活動形態についての質問に、
二人が別録で、それでも同じ答えを言ったという。
ラストにかかれた言葉が、
強く印象に残ってる。


「千原兄弟の単独が3年後だろうと8年後だろうと、
二人で立てば千原兄弟になる。
解散はありません。僕らは生まれつき千原兄弟なんだから。」


チハラトークというDVDでは、
「すべらない話」でしてるような話を
ジュニアがしゃべってる。
でも横にいるお兄ちゃんが、一緒に怒ったり、
時には「今日あの話なんやろ!あれ早く聞きたいねん!」とめっちゃハイテンションだったり、
お兄ちゃんはやっぱり千原兄弟なんだなと思うんです。


でも、兄弟の絆みたいなものも、
血のつながらない他人と育ててもいいと思うんだ。

2008年4月17日 (木)

読書☆笑う招き猫

笑う招き猫 (集英社文庫) 笑う招き猫 (集英社文庫)

著者:山本 幸久
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

カテゴリにラーメンズも入れているとおり、

仁さんがあとがきをかいています。

でも私が読んだのはハードカバー。

読んでいくうちに、この女子2人のこだわりというところが、

あのノッポさんともじゃもじゃさんを思わせるのです。

んでもさ、

思わせられてしまうと、どうしても冷静に読めませんでした。

あぁ、そういうことがあったの?みたいなみたいな感じで。

冷静にもう一度チャレンジ。

2008年4月 9日 (水)

ワンコインなら許される

友達へのプレゼントに狙っていた本がありまして、

今日は古巣なんばの本屋さんへ。

お目当てを早々にみつけたら、

サルビアの新刊、Vageの本、あら、あの本が文庫本に?

・・・・・・・・・・・というかんじで目移りしちゃう。

でも心を鬼にして

プレゼントを選びました。

で、自分用。

週末京都に「こ・とりっぷ」するつもり。でもガイドがない。

oolong-teaさんおすすめのことりっぷ京都版をさがしたけど・・・ない!

で、みつけたのがこの本。

Cimg0552 元来方向音痴の私には

丁度いいかもしれません。

これで500円。