2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

LOVE AROMA

2008年6月30日 (月)

ゆらぎの時間

夜の時間をすこしキャンドルとすごすだけで、

電力の節約になります。

これはECOの考え。

アロマ&リラックスの観点からいうと、

炎の揺らぎを見つめると、

不規則な揺らぎが疲れを吸い取るように、

芯から癒してくれる・・・といいます。

個人的にはお風呂場で使うのが好き。

セレブタイム☆

ちょいEROですね。

せめてブログパーツで、ゆらゆら揺らぎを楽しんでください。

続きを読む "ゆらぎの時間" »

2008年3月29日 (土)

お化粧水作り

Cimg0526_2 化粧水を作りました。

ちょうどなくなったんです。

今日はDHCのサプリ2種と、以前作ったハンガリーウォーターで作ります。

1 まず、ビーカーにハンガリーウォーター(15ml)とフローラルウォーター(35ml)を混ぜます

2 そこに白金ナノコロイドのカプセルを開けて入れます。

3 別容器にビタミンEカプセルに切り目を入れて中のオイルを出します。

4 ビタミンEにROE(ローズマリーエクストラクト)を混ぜます。

5 オイルのところにエッセンシャルオイルを入れます(今回は合計3滴)

しっかり混ぜてできあがり。

使用感はまた報告します!

2008年2月16日 (土)

熟成が待ち遠しい☆

Cimg0474 消毒にも使える度数の

ウォッカを買ってきました。

まずは、ハンガリーウォーター。

昔70代のおばあちゃん女王が

若い男に恋をして、

このハーブの化粧水で若返った・・・らしい。

ドライハーブのペパーミント・ローズマリー・レモンピール・ローズをいれます。 

で、

ひたひたにそそいで、ウォッカが沈んだら水を加えて熟成させます。

Cimg0477

そして残りで美白美肌酒。

ローズヒップ・ヒース(美白)・ローズ(美肌)・エルダーフラワー(美肌)

レモンピール・オレンジピール・カモマイルローマン。

そして氷砂糖と蜂蜜キューブ(キャンディです。100%の)

Cimg0476  こんなんです。

・・・楽しみです。

2007年10月10日 (水)

セラピストという生き方

今日の香り・
フランキンセンス
ゼラニウム
ベルガモット


↑久々!
あまり香りしてないもんなー。


さて、表題、

セラピストという生き方
著:大橋マキさん

フジテレビアナウンサーをやめて、アロマの道に進んだ彼女は、今はアロマ界のSPOKESMAN。

そしてかわいい妊婦ちゃん。

外にでている情報だけを見ると誤解もあるかなと思う。

確か私も少し持っていました。僻みに似た気持ち。
この本にであうまで。

セラピスト…この単語に相当する人はたくさんいますね。何か一つの分野をよし[正]とすると
他の専門家を否定する人も多く、
それが誤解を産む事もある。

このインタビュー集には、様々なセラピストが登場するけれど、何かを否定したり、何かを取り立てて良しとはしていない。

セラピストとして生きる事を選び、人を癒していく仕事をしている人達。生きて行く姿を捉えた本。

実は自らも癒しを必要とされているのかな、なんて思う。当たり前だよね。

すべてのストレスを自分で処理して消化するのは難しいもの。

一職業現場を捉えたインタビュー集としてしっかり成立してます。


LOHASやアロマ、ハーブと、興味のあるところに大橋マキさんありなんで、
注目していきたいです。

2007年8月 3日 (金)

アロマレシピ:ニキビケア

mixiで予告したアロマレシピ

ニキビケアにオイリーなものは敬遠しがちです。

オイルも、いいのあるんですが…また紹介します。

昨日作ったのは、簡単に作れるジェル。


材料
キサンタンガム ミクロスパーテルに6〜10杯
グリセリン5㍉
精製水20㍉
精油2滴※

①グリセリンとキサンタンガムを混ぜて精油を入れる。
②しっかり混ぜたら精製水を入れながら伸ばす。

これだけです(^O^)v


私はダマが出来ましたが、一晩置いたらちゃんとむらなく固まってました!


※精油は以下がオススメ
ティートリー…抗炎症。天然の抗生物質といわれます
ラベンダー…万能ですね。目覚めたい時以外は。ティートリーより優しいので、肌弱い人はこちらがよいかも。

オプションで、
ローズウッド…香りもよいし、皮脂バランスを整えます。

いいんですが、肌弱い人はやめといて下さい↓
ローズマリー…アンチエイジングハーブ。

プチグレイン…抗炎症。光に反応し、肌荒れの元になるので、夜だけ使用ならオススメ。

合計で2滴ですよ。

私はプチグレインとラベンダーを使いました。

!作成は自己責任の元でお願いします。肌が荒れた、などは私に言われても責任を負いかねます。合うか合わないかは個人差があります。私が使いよかったものです。

!お友達とかに作るのも、金銭が発生するとダメです!法律違反になります!