2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 小野寺の弟・小野寺の姉~お茶と映画 | トップページ

2014年5月 9日 (金)

万獣こわい

久々ですがしれっと。
ねずみの三銃士第3回企画公演「万獣こわい」

「あまちゃん」のブレイクのせいでチケット激戦。
なんとか追加公演の席をとることができていってきました。
「WARRIOR」以来かなぁ、ピロティ。
NACSさんたち、「ぴろてぃ」連呼してたなぁ。

ともあれ、私を「演劇みる」人にしたのはこのねずみの三銃士の皆様なのです。
「鈍獣」の放送を見て舞台見たいと思うようになりました。

ねずみの三銃士は生瀬勝久さん、池田成志さん、古田新太さんのユニットで、
役者が役者のやりたい舞台をやるのをコンセプトに、脚本家・演出家を選んで
脚演も選んですすめる形のめずらしいユニットです。

第1回は当時は舞台経験の浅い野波麻帆さん、西田尚美さん、乙葉さんの3人を迎えた「鈍獣」
第2回は三田佳子さんと岡田義徳くん、上地春奈さんを迎えた「印獣」
第3回は小池栄子さん、夏帆さん、小松和重さんを迎えた「万獣こわい」です。
全て脚本は宮藤官九郎さん、演出は河原雅彦さんです。

役者さんをみるだけで「行きたい」と思わせるけど、
明るく楽しい話ではなく、
この話をみて笑っている自分がとても気持ち悪い、
後味の悪い話が特徴でもあるユニットです。
笑って見ているアナタも共犯ですよ、と言われているような。

今回も、遠慮なく、というか史上最高に後味が悪かった。
拍手することすら忘れ、呆然としたのは初めてなので、
三銃士の本願成就なんだろうなと思います。
褒めてます。だってそれだけ惹きこまれたってことだもの。

もちろん随所に笑いあり。
OPなんてとてもおもしろかったし、
なんで彼らの作品は毎回歌い踊るのでしょう。
そしてなぜ生瀬さんは毎回舞台で3人いると少しサボるのか。
今回も池田さんに怒られてた(笑)
その池田さんも「あーここいつもアドリブなんだろうな、生瀬さん古田さんが
生暖かい目でみてるもん」というシーンがあり、
そして古田さんは脱ぐし、一人踊りがキレッキレ。

客演の3方も、とても素晴らしく
小松さんは脇をしっかり固めてくださり、軟体芸も披露してくださり、
後半の役もとても素晴らしかった。
小池さんはドラマでもすごいけど舞台でも迫力があって、
一番の被害者だと思うけど混乱していく様子がとてもリアル。
夏帆ちゃんも難しい役どころをしっかりと演じていて、とても色気があってリアルでした。

充たされたGWでした。すばらしい。

次は大人の新感線いこう。チケットの神様どうぞよろしくお願いいたします。

« 小野寺の弟・小野寺の姉~お茶と映画 | トップページ

LOVE KUDO KANKURO」カテゴリの記事

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/56130678

この記事へのトラックバック一覧です: 万獣こわい:

« 小野寺の弟・小野寺の姉~お茶と映画 | トップページ