2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 【映画】アリスインワンダーランド | トップページ | 【映画】告白 »

2010年10月 4日 (月)

【映画・挨拶附き】ボックス!

舞台挨拶附き試写会を見てきました。
市原くんと高良くんと監督が登壇でした!
かなり貴重な体験だったんだと思います。

市原隼人くんは遠目でみてもオーラがありますね。
ただ、私は高良健吾君のほうがスキなのです。
ソラニンやハゲタカ、BANDAGEに出ていたので
惹かれてしまったんです。

彼も来ていましたが、
帽子が目深すぎてせっかくのお顔が見えませんでした・・・。


監督も大阪の人らしく、アナウンサーにツッコミを入れたりなどなど
楽しい舞台挨拶でした。
原作が「探偵!ナイトスクープ」の作家の方だとか。

映画はロケが大阪で、十三や、天王寺などが主。
下町っぽいところはなんと、地元近く!

懐かしかったです。


ストーリーは・・・

着地点は違いましたが、なんだか途中から「ピンポンっぽい」と思ってしまって、
入り込めなくなってしまいました。

ただ、窪塚くん独特のトリッキーな感じではなく、
市原君演じるカブの熱さと苦悩、
高良くん演じるユウキの冷静さと優しさと
二人の友情が丁寧に描かれていて
展開も爽やかなので見ていて見やすい


高良くんがボクシング初心者の役柄ですが、「下手」から「上手い」への成長がわかりやすかったです。
それにボクシングシーンは迫力があって、
見ていてちょっと痛々しいのです。
(しっかり当てているそうです)

ボクシング部の人たちも個性的でした。
谷村美月ちゃんがヒロインなのですが、彼女の愛嬌ある演技も切ない。
そして周りを固める香椎由宇・筧利夫がしっかりしていました。
宝生舞が市原くんのお母さんなんですが、
おばちゃん演技もショックでした。

主テーマの「ボクシングと友情」だけじゃなく、
他の役者さん一人一人のエピソードがちょこちょこあって、
盛りだくさんにいろんな要素が詰め込んでありますが
どれも爽やかで熱く愛しい気持ちで上手くまとめられていて
見ていていやなしつこさがない作品でした。

« 【映画】アリスインワンダーランド | トップページ | 【映画】告白 »

LOVE CINEMA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/36928821

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画・挨拶附き】ボックス!:

« 【映画】アリスインワンダーランド | トップページ | 【映画】告白 »