2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 【鑑賞】冬の絵空 | トップページ | 賢太郎さん!が! »

2008年12月20日 (土)

流星最終話 空に描いた

全国の設楽統(バナナマン)ファンの皆様。こんばんは。

設楽さん、大活躍の流星10話、ご覧になられましたか?


残念なのは
過去最強にセリフがある回なのに、
正直おーちゃんに着目している場合ではない
展開だということです。


でも戸神家のシーンの
セリフまわしは圧巻でした。
流石、アジアいちのコント師と呼ばれるだけあります。

さてここからネタバレアワー。
犯人も書きますよ。

まだみてない人たちは回れ右でお願いします。


犯人は原作と同じでした。動機も。
それを踏まえてもう一度、犯人の行動、演技をみると、
クドカンの収束のつけ方がすごいと感じます。


原作の犯人、あんな明るく絡んでこないもの。

だから思ったのです。
8話の、ジョージクルーニのシーン。

功一が、犯人を「殺しますね」と即答したときの顔。
そしてあなたは?と反対に聞かれ「殺すね」と言ったときの思い。

「ハヤシライス作るから食べにきてよ」と言われたときの思い。

このシーン、
犯人を知らない人からしたら二人の絆を思うだろうし、
知る人からしたら、
「自殺する覚悟の上で聞いてるんだ」と思うでしょう。

しっかり確実に
効いていました。
原作のレールに戻しながら、
功一と犯人の絆を
表していて鳥肌がたちました。


そして前回、あまりにせつなくて出してしまった、
功一の刑事コスが彼のものであることなど。

これらの絆がすべてあの結末への伏線でした。


でも結末は違っていました。
ドラマとして、あれでよかったと思います。


クドカンの思いなのかな。
自殺で「終わり」なんて虫が良すぎる。
どんなにつらくても生きてもらう。


原作を読んだ時、
この本は、他の東野圭吾作品が夜や夜に落ちる直前の薄暗さを感じるのに対し、
明るい夜明けのシーンで終わるようなイメージでした。

太陽がのぼろうとしていて、
明日はいい天気なんだろうと思わせる
光がさしているような、そんなイメージでした。


ドラマはその、もっと先、
朝日が登った後ぐらいまで
描いてくれるようでした。

これからも、彼らは遺族であるのには変わらない。
でも、笑うんだ。
きっと、遺族ではない人たち以上に笑えるようになるんだろうな。

そして妄想係長高山久伸年末スペシャル!
幸せの黄色いポストイット!


楽しいシーンで終わってよかったです。

楽しかった♪

週末の楽しみが減りますね。

« 【鑑賞】冬の絵空 | トップページ | 賢太郎さん!が! »

LOVE KUDO KANKURO」カテゴリの記事

コメント

ここでも“ご指名”を受けたようなので
(笑)

戸神家でのシーン、本当にかっこよかった
ですねえ。
そして「おはぎ」さんも、彼らとしっかり
絆ができているのね。

結局、ドラマ終わるまではとまだ原作読んでいないんですけど、改めて読みます。

ラスト、クドカンらしく終わりましたね。
それだけに、クライマックスシーンが
よけい胸にしみます。


設楽メイトのふうさん♪

おはぎさんは原作以上に活躍していて
私は個人的にとっても嬉しかったです。

あぁ、いい3ヶ月でした♪


設楽さん記事もUPしたいことがたくさんあるですが、
今日はこのへんで・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/26347240

この記事へのトラックバック一覧です: 流星最終話 空に描いた:

« 【鑑賞】冬の絵空 | トップページ | 賢太郎さん!が! »