2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 【鑑賞】BANANAMAN KICK | トップページ | 流星8話(安田メモ的) »

2008年12月 7日 (日)

【鑑賞】ジャージマン



ジャージマン、みてきました。

日村さんからちゃんとお花きてました。
あと、あっちこと、平田敦子女史がいらしてました。
目ヂカラありました。髪型でわかりました。近くて遠い席から凝視しました。

HEPホール、ライブハウス規模なんで、狭いし、前のひとが背が高いと私には見えません。

でも、大きなホールでやることでもないよなーと。

んで、生設楽さん、かっちょよかったです。
ナチュラルなんだよねー。作った感じもないし、
いつもテレビやDVDでみる設楽さんでした。

顔の大きさは生仁さんくらいかな?と。

朗報です。
DVDでるって!

なかなか面白いので、
今回見送った方々、
よかったらいかがでしょうか?
発売が決れば楠野さんのブログに載るそうです。

さて、ここからはネタバレを若干含んじゃいます。

「ぜったーいDVDを待つんだ!」という方は

ご遠慮くださいね。

ではどうぞー。

なんていうか、その、
いわゆる「マニアックな感じ」が好きな人は、
多分好きだと思います。

〇片山さん(ジャージマン参上)
暗転から。「痛い、痛い」という水野さんの声。

腕がちぎれるー!で明転。
片山ミツルと、新婦ミコが呆然とする中、
「じゃ、行こうか」という
ジャージマン。

ジャージマンのイントネーション問題。
「ジャージマンですっ!」でジャージのジッパーを上げ下げする。

誰が悪いのか話。

結果、ミコはジャージマンに連れ去られる。

オープニングコント。
証明の駆使で、アニメのオープニングみたいになっています。

暗転中「ミツルちゃん…」と呼ぶ水野さんの声。
玉置さんがステージに残る。
ステージ展開も1コント。このステージは何本構成で合計何時間か、とかが告げられる。

〇ひでお(ひでおの恩返し)
家に帰ってきたサラリーマン設楽さん。
マイムが光ります。
エアーゲロとか、普段どおり。
「あ、やっべ、…」の言い方が、ナチュラル。

そこにあらわれた謎の宝塚風人物「青空ひでお」。

誰で、何をしにきたのか?そしてサラリーマン設楽は何ものか?

オチは、なんとなく「オフィスのおばけ風」

先程と同じように水野さんの声。
設楽さんが残る。
「あなた、本編とはそんな関係ないキャラなんだから、早くはけて」

〇ジャージマン(ママの記憶)
片山の少年時代。
ジャージマンの生まれた瞬間の話。

水野さんのアクションが光ります。

ジャージマンの初めの敵が、
甘エビ。きもい。

〇ドラゴン(奪い返すために)
少年時代の記憶を取り戻した片山。
母が殺人拳を学んだ道場に弟子入りします。

〇ジャージマンリターンズ(VS)
ミコが座ってるとこにジャージマンが缶コーヒーを買って帰る。

普通にカップルな二人。

微糖談義

そこに現れた片山。
武器を手にジャージマンを倒しにくる。

「自分がヒーローだ」と言い張る二人。
ぐだぐだなのをミコに怒られ、
半泣きのジャージマンは、自分こそヒーローである証拠があると言いだす。

○はタイトル(私が思ってた仮タイトル)です。

こんなかんじの5本立てで、全体で1つのストーリーになっています。

チラシや写真でわかるように、
ジャージマン=設楽さんなのですが、
普段の感じだよ、あんま変わらないよ、と思います。
Jがね、間違えてるし。

コントなんだけど、
造形がグロテスクだったりします。

当分甘エビと春雨食べられません。

2つめのコントが好きかなー。本編とはあまり関係ない役と言われていたけど、
設楽さん、ナチュラルにナチュラルなので。
水野さんも、なんか全壊です。

ジャージマンは心の中にいるのです。

楽しかったです。プロペラ犬。

これからに期待・・・☆

« 【鑑賞】BANANAMAN KICK | トップページ | 流星8話(安田メモ的) »

LOVE BANANAMAN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/25998723

この記事へのトラックバック一覧です: 【鑑賞】ジャージマン:

« 【鑑賞】BANANAMAN KICK | トップページ | 流星8話(安田メモ的) »