2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 女のプロ、それは女豹・・・ | トップページ | バトンで初心忘るべからず »

2008年10月10日 (金)

ブーリン家の姉妹

ブーリン家の姉妹 the other boleyn girl

試写会で拝見しました。

よく紹介で「イギリス版大奥」と書いてますが、

大奥よりも、1枚上手な感じがしました。

起きる出来事などをとっても、

イギリスと日本が島国という共通点を持っていることを思い出してしまう。

だから「日本と似てる」と思ってしまうのかなぁ」と思いました。

そして、ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの

「カフェラテ」CM姉妹の美しさは圧巻です。

衣装も、映像も美しいから、

見終わって、内容は重いんだけど

いいもの見た!っていうスッキリ感があります。

ということで、ココからはいつもどおり、ちょっと詳しい感想。

どうぞご覧下さい。

アン・ブーリン(ナタリー・ポートマン)は頭の回転が速く聡明な女性、

妹、メアリー(スカーレット・ヨハンソン)は母性的で優しさに満ち溢れた女性。*1

最初に王に愛されたのは妹、しかし王妃になったのは姉だった・・・。

というのが、最初に得ていた情報です。

「姉妹で取り合い・・・どういうこと?」と

世界史にうとい私は???と頭にはてなマークで試写会に臨みました。

物語は父の意思で妹の結婚が先に決まった所から始まります。

姉の個性は「一般の幸せな結婚」には向かないと考えた父親は、

身分のある人と結婚させようと考えます。

そこに丁度、王の、王妃との不仲が伯父から伝えられてきます。

ブーリン一族は家に王を招きいれる手はずを整え、アンとの顔合わせを果たしますが、

ある事故をきっかけに、王は妹・メアリーに一目ぼれ・・・。

姉妹、そして父、母、弟も宮廷に入るよう『命令』が下ります。

王は早速妹・メアリーと一夜を過ごすことを決めますが、

初めは無理やりな命令は、

会話を交わし、お互いを知ることで

二人が魅かれあう愛の始まりへと変わりました。

コレを面白く思わないのが姉。

本来なら自分が「王の愛人」であり、

いずれ爵位をもった人との結婚が待っているはずだったのに・・・。

そして、ある事件がきっかけで、

姉・アンはフランスへ「島流し」にされることになりました。

フランス王妃の元、侍女として働きます。

時が過ぎ、メアリーが王の寵愛を受ける中、

あるきっかけで呼び戻されたアンは見違えるように洗練されていたのでした*2

そして王の興味はアンに移っていくのです・・・。

と言う感じの・・・

文章にするとホント「昼ドラ顔負けのドロドロ度合い」なのです。

まず配役・・・。

確かにナタリーのほうが顔きついけど、

アメリカのゴシップとか見てると、スカーレットのほうが姉っぽいキャラだよなー・・・。

と見る前は思っていました。

愛に貪欲なイメージから、似合わないのではと高をくくってました。

でもでも、見てみてスカーレットの柔らかい演技はまさに母性のメアリーでした。

そして、王とのベッドシーンの背中がキレイ・・・heart02

王に恋をして、喜びを味わっているのが伝わってくるのです。

(そういう加工などはないのですが)「絵画が上気したような映像」になっています。

中盤にさしかかり、アンが洗練されて帰ってくるのですが、

この、「洗練された」がなかなかどうして分からない。

無骨で、男顔負けの人が一転、女性としての気品と教養、男ころがしを学んで帰ってきた

と言う感じなのですが、あまり伝わらなくて・・・。

でも王は翻弄されちゃう・・・。

そして、振り回されたフラストレーションから、

結果愛が「征服欲」に変わっていくという感じが痛々しく伝わってくる。

そして悲劇が、3人を待っていたのです・・・。

サイト(上リンクから飛べます)では

アンタイプかメアリータイプか診断できるのですが、

私は予想通り「メアリータイプ」でした。

そうそう、流されて、愛されて、愛して、油断して、逃げられるタイプよ、私

自覚があったから、

アンがフランスに行く時に母親に言われた

「女がわめかずに男を操縦する方法を学んできなさい」

『映画の中で学べるならしっかりききます』と食らいついてみていたのですが、

特にそんな解説はなくて残念でした・・・。

そしてアンも学んだ結果悲劇を招いたし・・・。

じゃあ、女はどう生きるのが幸せなのかな・・・ととても切なくなりました。

全編、ダークな色使いなのですが、重たい色調がこの時代背景にも合って居ました。

そして、ふと動きを止めるスカーレットヨハンソンや、

遠めに見た王宮の中などがとっても「絵画的」に美しいのです。

中でも、とにかく、スカーレットヨハンソンのお姿は美しかったです。

« 女のプロ、それは女豹・・・ | トップページ | バトンで初心忘るべからず »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

はい、さっそく診断してきましたよ。
村野は「聡明なアン」か、「母性あふれる女らしいメアリー」か。
結果は……ヘンリー8世だってよ!へっ!

もう心理テストはやるもんかー(涙)

ヘンリー8世・・・
ヘンリーかっこよかったですよ。
え、違う?

心理テストばかり紹介していますね、最近。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/24370557

この記事へのトラックバック一覧です: ブーリン家の姉妹:

« 女のプロ、それは女豹・・・ | トップページ | バトンで初心忘るべからず »