2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« パートナーばとんもやります | トップページ | 【ドラマ】流星の絆 »

2008年10月17日 (金)

【鑑賞】ICHI

ICHIの試写会に行きました。

そう、話題の中村獅童さんが、スペシャルゲストでいらっしゃると

朝のニュースで言っていた、アレです。

携帯のニュースサイトで、チェックしたら「出席する予定」ってあって、

びっくりしたよー。

いつものごとく、ネタバレあり。

舞台挨拶レポつきです。

どぞー。

残念なのは、席が「遠いなー!」ってことです。

縦長な会場だったので、仕方ないんですが、

馬蹄型3Fで賢太郎を見たよりも小さかったよ・・・。

なので、俳優さんの顔の小ささとかは実感できませんでした。

あ、でも足長かった。それは分かった。

まず、舞台挨拶・・・

綾瀬はるかさん・大沢たかおさん・中村獅童さん・曽利文彦監督の4人が

舞台挨拶にいらっしゃいました。

綾瀬さん・・・かわいいです。

ほんわかした、癒しのオーラが満開。

彼女が、あの座頭市を演じると言うのが、正直信じられませんでした。

大沢さん・・・スマート。

やせてるっていうわけではなく、頭の回転がいいのスマート。

アナウンサーさんの

「役作りで苦労した点は」→「あんまり考えずにやったので・・・」

というふうに、ちょっぴりSっ気のある回答ばかりでした。

会場は大沢さんFANが多かった気がする。

ギャーーーって声がしてたもの。

そして、ダメと言われているのにカバンからデジカメを出す人も前に居ました。

ヲイヲイ・・・。

獅童さん・・・かっこいい☆

この3名でいうと、私は獅童さんが一番FANだからね、仕方ないね。

お父様がなくなられた直後だからこそ余計に、なのかしら。

とってもリップサービスをしてくださった感じでした。

大沢さんが、綾瀬さんの印象を聞かれて、

羽のついたピンクのゾウが飛んでいるような人」と言ったのに対し、

綾瀬さんが大沢さんを「ブルーの羽の付いたゾウ」といい、

その流れで「羽のないゾウ」と、綾瀬さんに言われた獅童さん。

ちょっぴり拗ねモードからのトークでした。

ピンポンという作品でであった曽利監督と、窪塚くんと再び共演できたことや、

海外の作品にも出たことで時代劇というジャンルについてさらに思い入れが出来たことなどをお話してくれました。

その流れで、

「また、次は恋愛映画とかやりたいね」と言ったとたん、

少し引いてしまった私達客席・・・。

その空気を察してか、

「反応が悪いのでやめときます」とおっしゃっていました。

だってさ、言っていいの、それ。

私もあの作品「いま、あいに行きます」大好きだけど・・・。

わたし、初めて泣いた映画だし。獅童さんの恋愛映画、たぶん大好きだとおもうの。

でも、でも言っていいの?という複雑な気持ちでした。

複雑って凄く陳腐な言葉でしか言い表せませんが・・・。※

そんな感じで(どんな感じだ?)終わった舞台挨拶。

いやー、いいもの見ました☆得した★

で、映画です。

座頭市、勝新太郎さんverも北野武さんverも

見てないのね。

こんなに映画についていろいろ描いてるblogなのに。

申し訳ないんですが。

ホント、浅っさい映画・舞台FANなので、どうぞお許しください・・・。

で、綾瀬さん。

男性が主役の小説を女性verで映画化するって、結構大変だったんだろうなぁと思うのです。

でもね、すごく素敵でした。

なんだろう、私映画でも特にシーンがあるのが苦手なんです。

でも、殺陣が、美しくて。

これは曽利監督の映像が良いっていうことでもあるんだろうけど、

ピンポンの時の躍動感みたいなものが、受け継がれている気がしました。

大沢さん(剣の抜けない武士・十馬)とのコミカルなシーンは楽しく、

獅童さん(ラスボス・万鬼)とのシーンはシリアスで、カルマの匂いが強く・・・。

重たいストーリーだけど、コミカルなところが軽くしてくれる。

そのバランスが見ていて辛くなかったです。

簡単にまとめると、

現代風時代劇だと私は思いました。

CGや効果をふんだんに使いつつ、

殺陣や役者の魅力もふんだんに盛り込んだ、現在だからできる時代劇、です。

ピンポン好きな人は好きだろうなぁ・・・。

年配の、往年の時代劇ファンの方がすきかどうかはちょっと分かりません。

なんかね、続編もできそうでしたよ、終わり方。

でも続編、どうなるんだろうね。

« パートナーばとんもやります | トップページ | 【ドラマ】流星の絆 »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/24614100

この記事へのトラックバック一覧です: 【鑑賞】ICHI:

« パートナーばとんもやります | トップページ | 【ドラマ】流星の絆 »