2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 雛形あきこバリ | トップページ | 【鑑賞】西の魔女が死んだ »

2008年7月14日 (月)

【鑑賞】クライマーズ・ハイ

見てきました。

お目当ては堤真一であり、堺雅人なんですが、

内容がぎっしり、おなかいっぱいという感じの映画でした。

娯楽映画ではないですね。社会派です。

特に、仕事に疲れた男性に見てほしい映画です。

これみて、「おっしゃ、俺もがんばるか!」みたいな、みたいな感じになったら、

本望ですね。

ただ「楽しさ」を求める人向きではないかもねぇ・・・とか

批評家チックに思いながら、映画館を後にしました。

あらすじは知ってみたほうがいいと思うのですが

映画関係のサイトで検索して、あらすじ読んで見たほうがいいな。

んで、映画終わってから本読むほうがいいらしいね。

以下内容に若干触れますので畳みます。

携帯からごらんの方や、記事エントリを直接OPENしてしまうと、

表示されてしまうのでご注意ください。

以下、ネタバレを含みます。

残念なところは、音響の甘さだと、他のレビューの受け売りなんだけど思いました。

高嶋政宏さんの台詞がめっちゃ聞き取りにくかったのね。

あわただしい新聞社のなかを会話する二人(高嶋さん&堤さん)だったり、

滝の下で話す二人だったりが居るんだけど、その音に声が負けてて。

堤さんの重低音ボイスは届くんだけど、高嶋さんの柔らかボイスが聞こえないの。

だから、最初は内容に入りづらかった。

あと、私は事前に評価を呼んでからいったので、

新聞社の構造やら、台詞にしか出てこない事件のことなどを

サイトで見てからいったんですが、この予備知識がないと見づらいかも。

予習が必要なのかなぁなんて思いました。

んで、内容ですが、

飛行機が落ちて、

堺雅人さんと、滝藤賢一さんが山に上って取材するんだけど、

まるで戦場の現場に、まず「クライマーズ・ハイ」になってしまったのが

滝藤さんで。

この彼の運命に、私は泣きそうになってしまいました。

凄惨な光景を目にして、自分には何もできなかったとき

何かを伝えようとしても、それが効果を発揮しなかったとき。

なにより、その光景を自分では受け止め切れなかったとき。

その世界・光景に縛り付けられてしまうのだなぁと・・・。

堺雅人さんは、その「クライマーズ・ハイ」から早くに抜け出し、

上手に記事にまとめた人で、その対極に居るのが彼なのですが・・・。

絶賛されてる堺さんの演技ですが、私の中でも好感度UPです。

知的で、でも何かを秘めた目をしている彼が、

怒りを爆発させたり、悲しみを秘めたりする、

1度で何度も堺さんの表情が楽しめます。

堤さんでいうと、遠藤憲一さんとの確執から、共謀にうつるところが

なんだかスリリングでドキドキします。

あと皆川猿時さんね。港カヲルさんね。

彼がもうーいい☆

あのイヤミなやらしー感じは適任でした。

山崎努さんの社長もね!こんなひとは映画の中だけにしといてください!!

さいごの口笛がせつなかったなぁ・・・。

一人ひとりの役者さんの役にバックボーンがあって、

すごく濃密な時間が流れる映画です。

まさに男の映画って感じではあるんだけど、

人生の戦いをしっかりやれる人たちがとてもかっこよく見れた映画でした。

« 雛形あきこバリ | トップページ | 【鑑賞】西の魔女が死んだ »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/22277514

この記事へのトラックバック一覧です: 【鑑賞】クライマーズ・ハイ:

« 雛形あきこバリ | トップページ | 【鑑賞】西の魔女が死んだ »