2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« ていくおーふ | トップページ | 笑い声のある映画館 »

2008年6月19日 (木)

LAST*Last Friends

ラストフレンズ、最終回でしたね。

なんていうか、いろいろな想いを持った人が見ていたドラマだったんだと思います。

まさに誰かの悩みの当事者である人、

トモダチや身の回りに当事者がいる人。

過去に、当事者であった人、

ただ、ミーハーで見ている人。

私は、たぶん、過去に当事者でした。

誰の当事者なのか・・・。

初めはミチルだと思っていました。

暴力とまでは行かないまでも、虐げられ、それでもその人を思い続けていたのですから。

だから、ネットで批判される「ミチルの言動」を見ても、分かる分かると思ったり、

批判されていることが悲しく思えたりすらしたのです。

でも、後半になるにしたがって、思いました。

ミチルじゃなくて、ソウスケだったんじゃないかって。

かえってこない気持ちを、どうしようもなく、

ただ何度もぶつけてしまう。どうしようもなくて。

行き場のない恋心(愛ではないんでしょうね)をただ乱暴にぶつけることも、

暴力なのだと感じました。

終盤にかけて、ソウスケの辛そうな表情が、

本当に痛く思いました。

ルカの気持ちも、ある意味報われない恋ではあったんですが、

相手を思いやる、愛情があるから、きっと、

伝えても、相手を傷つけないんだと思いました。

そこに、相手を思いやる愛があればいい。

それがないなら、相手にぶつけてはいけないんだ。

このドラマをみて、苦しんでいる人が一人でも減ったのであればいいな。

誰かを傷つけたことを、心の中で「ごめんなさい」を唱えられたらいいな。

誰かが、幸せになれば、いいな。

以上、ラストフレンズについてを終わります。

お目汚し失礼しました。

« ていくおーふ | トップページ | 笑い声のある映画館 »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/21749850

この記事へのトラックバック一覧です: LAST*Last Friends:

« ていくおーふ | トップページ | 笑い声のある映画館 »