2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 鑑賞☆労働者M | トップページ | 海よりも深い愛 »

2008年5月23日 (金)

ラストフレンズたちへ【追記5/29】

それは違う。
それは愛じゃない。

キミが失った欠片の形をよくみて。
似てるけど違うんだ。

縛り付けても追い掛けても、
それでもしも得られたとしても、
そばにそれがあるだけで
虚しくなる。

優しいひとの肩に寄りかかってしまうのは
簡単なんだ。

愛なのか、やすらぎなのか、
ただの同調なのか。

それは愛じゃない。

1人でいられる人のほうが、
本当は優しくて強いのかもしれない。

でも、人は案外弱いから。
誰かにぎゅっとしてもらって。
伝わる体温で
キミが生きていると確認して。

悲しみや怒り、憤りを消化した
キミは美しくて強く、しなやかだ。
もう、怯えたりしなくていいんだ。

キミは大切だから
キミがキミを大事にしよう。

キミがキミを愛さなければ、
誰かもキミを愛したりしない。

その感情は、キミのものだ。

↓ここからはDarkよつ葉です。読むに耐えるかたのみどうぞ。

ラストフレンズを見ました。

昨日見てて思ったのは、
「私には5人がいる」のです。

ソウスケ、ミチル、ルカ、タケル、エリー。

失ったものを得たいともがいたり、
傷つく恋を、孤独を癒してくれたものを
愛だと錯覚したり、
記憶を美化したり。

世界で自分が、たった1人みたいに思えたり。

いつまでも傷ついたり。

貴方が結論を出した。
受け入れられなくても、
貴方は決めた。

致命的な傷を負った私は、立ち上がるのに、3年がかかった。

冬に痛む古傷みたいに、
これからも、こうして時々痛むんだろう。

こんなときに、悲しいニュース。

貴方が言った言葉を思い出した。

ある人から無言電話がかかってきて、

学校に行けなくなった私に、

「君よりもっとひどい状況で、もっと苦しい目にあっている人もいるよ」と。

でも、私の苦しみも、そのもっとひどい状況の人の苦しみも、

きっと貴方は「感じて」はいない。

その人の心にかかる辛さの重みは、本人にしかはかりしれないのだから。

その一言で、追い詰めていることに、貴方は気づいていますか?

でも敢えて。

命さえ続いていれば、何か変わっていたのかもしれない。

To Be or Not To Be. That is A Question.

この答えは簡単なんだ。

« 鑑賞☆労働者M | トップページ | 海よりも深い愛 »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/21120323

この記事へのトラックバック一覧です: ラストフレンズたちへ【追記5/29】:

« 鑑賞☆労働者M | トップページ | 海よりも深い愛 »