2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

Cafe Bossa

  • 私の本棚

« 好きですーーー!!!(栄倉奈々ちゃん風に) | トップページ | 演劇ぶっく »

2008年5月 9日 (金)

それだけで充分

昨日WOWOWでやってた
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を見ました。

ここから先はネタバレを若干含みます。

っていうかタイトルがすでに。

そして若干マイナーコードな文章です。

昨日「ラストフレンズ」を見たからです。

ポリシーに反していますが、最後には強行的にポリシー内に治める所存。

だって人生をPRETTY GOODにしたいもの。

いつか、必ず。

久々に見た三谷幸喜作品。

では、どーぞ。

○ストーリー○

明治時代に実在した演劇人川上音二郎&貞夫妻が、アメリカに興行する。

道中でマネージャーにお金を持ち逃げされたり、

「ヴェニスの商人」がやりたいが、英語がしゃべれないから、と

すべて「スチャラカポコポコ」で切り抜けようとしたり、

とにかくすべての状況を取り入れてしまおうとする音二郎座長(親分)。

親分を支え、みなをまとめる貞(おかみさん)。

こんなんで興行は成功するの?というどたばたコメディー・・・。

**********************************

放送終了後、三谷さんのインタビューで、

「恐ろしいのは、このお話がほとんど史実に基づいているってことです。

本当にスチャラカポコポコで芝居をやってしまったんだから」とおっしゃってました。

では、以下の部分が実話なら、私もっと卒倒しちゃう・・・。

川上音二郎っつー人は、ホント、

魅力的な「ダメ男」なんだなぁ、と思いました。

劇団にいる女子全員が「おてつき」なんですもの。

才能があればそれでいいのか?と

女性たちに問いかけてやりたい、です。

そして、その言葉は若干耳が痛いです。

川上音二郎を演じたユースケ・サンタマリアさんは

こういう「いい加減男」をやらせると天下一品ですね。

(ぷっすまの影響が大きいかも?)

大泉洋ちゃんにも、その片鱗を感じます。個人的に。頭いい役もいいけど。

一番古い仲なのは、戸田恵子さんが演じるタエさん。

そして、奥さんが常盤貴子さん演じる貞奴さん。

今一番川上のお気に入りが堀内敬子さん演じるカメ。

奥さんの目の前でもいちゃいちゃしちゃうんですよね。

「楽屋いくぞ」って、オーーーーーイ!(仁さん風)

もちろん、奥さんでありながら、同じ旅一座に前の彼女と今の愛人がいるという

貞さんも耐え難いとおもうんですが、

そしてそれでも笑顔を絶やさない彼女はすばらしいと思うんです。

でも、それよりタエさんよ。

都合のいいときだけ頼られて、いわゆる「日陰の女」じゃん。

って思っていたら、最後に聞いてくれました。

堺雅人さん演じる伊達さんが。

「どうして、それでもそばにいるんですか」って。(正確には違う)

そしたらタエさんがいったのが、

「私は貞ちゃんにどうやったって負けないことが1つだけある。

それは、彼に先に出会っていること。

貞ちゃんが出会うより前の彼を知ってる。

そしていつか成功する彼の姿をそばで見るの。それだけで充分。」

タエさんは、劇中、貞さんを恨むようなことも(たぶん)言ってないし、

むしろ仲がいいんです。

貞さんの支えにもなってるの。

それだけの大きな愛を持てる人になりたい。

「それだけで充分」っていえる様になりたいなぁって、思いました。

あの戸田さんを見れただけで私は幸せです。

« 好きですーーー!!!(栄倉奈々ちゃん風に) | トップページ | 演劇ぶっく »

LOVE STAGE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224715/20861746

この記事へのトラックバック一覧です: それだけで充分:

« 好きですーーー!!!(栄倉奈々ちゃん風に) | トップページ | 演劇ぶっく »